第二章 過去の片鱗

1/16
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/143

第二章 過去の片鱗

 霊斬はいつも通り、刀を直していると、急かすように戸を叩く音が聞こえてくる。 「いらっしゃいませ……って、お前か」  霊斬は戸の側に立っている人物を見た瞬間、愛想笑いをかき消した。 「ちょいといいかい?」  そこにいたのは千砂だった。  とりあえず千砂を招き入れ、商い中の看板をひっくり返して戸を閉める。 「仕事はいいのか?」 「休み、もらったんだよ」  霊斬の店を見て、千砂が呟く。そんな彼女をよそに、霊斬は奥へいくよう、顎で示した。  それに(なら)い、奥の部屋へ向かった千砂が正座をすると、霊斬も彼女の正面に胡坐をかく。  霊斬は口を開いた。 「……なんの用だ」 「怪我は、よくなったかい?」 「裏稼業を休んでいるから、少しはましになった。お前に聞きたいことがある」 「なんだい?」 「どうして、俺の名を知っていた?」  千砂が苦笑する。 「長く(こっち)にいるせいかね。有名なんだよ」 「そうか」 「……しかし、あんたの仕事ぶりには驚いた。依頼人の代わりに命を懸(か)けるなんてさ」 「依頼人の憎悪や悲哀に比べたら、俺の命は安いもんだ」  千砂は驚いた。そんなふうに自分の命を軽々しく扱うこの男に。本来なら平手打ちでも喰らわせてやりたい。が、よほどの事情があるのだろうと思い、それ以上の追及はできなかった。 「お前はどうして、情報屋をしている?」 「一人で生きていくためさ」 「……そうか」  霊斬は苦笑して、物思いに(ふけ)った。  これまで依頼人の憎しみや怒り、悲しみを幾度となく見てきた霊斬は、生きることに絶望していた。  幾度となく訪れる依頼人達は、(わら)にも(すが)る想いで、自分を頼ってくる。その姿だけでも哀れでならない。彼らの心は救われても、自分は決して救われない。そう思うようになって、ようやく、この仕事が楽にこなせるようになってきた。  未だに過去のことは(くすぶ)っている。それを気にしていられないほどの、依頼人達の闇を見せつけられてしまうと、自分のことはどうでもよくなってしまう。  この仕事をしてから、何度絶望したか分からない。それほどまでに闇が深い仕事だったのだ。自分が始めた手前、最後までやり抜くしかない。  口を(つぐ)んだ霊斬は、諦めと絶望がない交ぜになった表情を浮かべていた。  そんな表情を見た千砂は、それ以上見ていられず、静かに店を後にした。
/143

最初のコメントを投稿しよう!