この世界はエルフ少女に優しい

1/6
311人が本棚に入れています
本棚に追加
/248

この世界はエルフ少女に優しい

空から魔法世界<ウィーヴェン>をみてみよう。 はい。でかいね。でかい空洞が真ん中にあるね。何アレ? 私は今、転生の為に空から地上へ落ちている真っ最中です。 ひええええ生身だったら死ぬよーーひゅるるるーーーー 生身じゃないからこそ余裕かまして観察が出来てるだけで、落下中に変わりはない。そして落下中なのに寒くもないし落下してるという感覚もないのはどういうこった。ただ世界が私の目に焼き付き、世界の殆どを締めるその巨大な暗い暗い空洞に因縁めいた何かを感じ、そこへ落ちてしまうんじゃないかと多少の恐怖を抱いているだけだ。 まあ、結果として、そんなとこへ落ちはしなかったが。 私が辿り落ちた先は世界の中心にあった巨大な空洞から西よりの、お花がいっぱい咲いてる国だった。 この国の王宮は広い。空から落下中に見ただけでも荘厳華麗で夢の国のお城みたいな見た目だ。あれだ。白亜の宮殿ってやつだ。間違いない。 そんな乙女心くすぐる夢色のお城の中、私は漂っている。ふわふわと。 体?というか魂の状態だから霊体?は、勝手に知らない部屋に向かっていて、壁にすっと入り込んだ。 その先ではなんだかとっても苦しんでる少女が寝ていた。広いベッド。広い部屋の真ん中にあって少女は多数の大人に囲まれ、今にも息を引き取りそうに喘いでいる。その表情は苦悶に満ち、見ていて痛々しいほどだ。 『あれが転生先だ』 ひょおお??!!驚いた。隣で声を発したのはあのオッサンだ。魂の休養所(アストラルプレーン)とかいうとこにいた。あの簾ハゲが、私の真横にいつの間にかいた。 変わらぬ公務員ルックで。くいっと黒縁眼鏡を上げながら。 …いいか、その仕草は、眼鏡をクイクイやる仕草は美形がやれば様になるがオッサンがやってもオッサンにしかならない。無駄だ。ひかえおろう。美形に譲れ。 『口の減らねえ女だな』 思考を読まないでオッサン。プライバシーの侵害よ。今更だけど。 『いいからほれ、そこのエルフ少女が君の転生先だ。もうすぐ魂が出てくるから入れ替わりに入れ』 ええええ死ぬ瞬間を見ろというの?!なんという嫌がらせ! 普通、転生って知らぬ間に…とか、目を開けたら生まれ変わってた…とか、けっこう簡単に場面が切り替わってた気がするよ参考文献(漫画とか小説)では! 漫画家の身としては暗転とか三連続コマ割とか、そういう表現方法で転生中ってのを表現するものだよ。 なのに私はここで転生先の子の死を見届けろというの? 冗談じゃない。ほんと嫌がらせ以外のなにもんでもないよー。 『ぶつくさうるさい魂だ。さすが百万回も転生するだけある。いいから気にしないで死んだ瞬間狙って近づけ。後は少女の身体が魂を引き寄せてくれる』 ちっ。倫理の問題が通用しないなんて死生観どうなってんだろこのオッサン。 あれか、公務員的な格好してるし、お役所仕事と割り切ってんのか。 とんだリアリストですね。 戸惑いながらも私はエルフ少女に近づいた。
/248

最初のコメントを投稿しよう!