第一章 地雨、苔むす石段の先

1/8
136人が本棚に入れています
本棚に追加
/65ページ

第一章 地雨、苔むす石段の先

《一》山奥の廃寺  ――六月二十五日、雨。十二時三十分。  しとしとと降り続ける雨は、初夏特有の生ぬるさをじっとりと含みながら、細い道と傘を濡らす。傘で弾ききれなかった残滓が、ときおり肌に触れる。不快なその感触に眉根を寄せつつ、私は目的地を目指して歩き続けていた。  向かっているのは、とある寺院の跡地だ。  伝承の中に存在するのみとなったその寺院の名は、すでに地元の人々にさえ忘れ去られて久しいらしい。私が十七歳のときに亡くなった祖母から聞いた話――お伽話のようなそれを頼りに、私は馴染みのないこの地にはるばる足を運んできた。  電車の乗り換えは数回を経た。山麓の無人駅で下車した後、地元の商店に立ち寄り、最終的な道のりを確認しようと考えていた。  古めかしい個人商店を選んだ。  ガタガタと騒々しく開かれた引き戸の奥から現れたのは、想像していた通り、かなり高齢の腰の曲がったおばあさんだった。これほどの年配者なら、それなりに地元の伝承に詳しいのではないかと踏んでいた。 「……寺? ああ、絵馬様寺(えまさまでら)のことだが?」 「ご存じなんですか?」 「ご存知もなにも、昔はうちも檀家だったらしぃさげの。ただよぅ……お嬢さん、どっからそんな話聞いできたんか分からねぇがよ、今はもう絵馬様寺はの」 「……無人、なんですよね?」  重ねるように放った私の声に、おばあさんは一旦言葉を止めた。なぜ年若い女がひとり、今となっては伝承にしか名を残さなくなった廃寺に向かおうとしているのか、ひどく訝しげな様子だった。  そのような態度は予想できていた。あらかじめ用意していた、嘘の言い訳を口にする。大学の研究のためだと、事実とは異なるそのひと言を告げただけで、おばあさんは甚く感心した様子でほぉと目を丸くした。  もっと詳しい説明が必要かと、事前にあれこれ考えを巡らせていたものの、随分と簡単に納得してくれたみたいだ。  この周辺には大学や短大、専門学校などの教育施設はない。女ひとりで廃れた場所に向かう理由にしては幾分真実味が弱いかと思っていただけに、おばあさんの反応を目にし、私は内心ほっとしていた。 「でもよぉ、お嬢さんみでぇな若くて綺麗な人が行くとこでねぇんだよ。道もぐちゃぐちゃだぞ、今だど獣道みでぇになってっと思うぞ?」  心配そうに言いつつも、彼女は丁寧に道を教えてくれた。おそらくは私が、棚に並ぶ商品をさまざま手に取っては、次々と買い物カゴに入れていたからだと思う。  見るからに田舎の商店といった雰囲気のこの店には、大量に買い物をする人間はまず訪れないらしい。  これも予想通りだった。良い客だと思ってもらえたのか、おばあさんは最後には地図まで手渡してくれた。無論、目的地のために作られた地図ではなく、村おこし用と思しき麓の観光マップではあったが。  丁寧に礼を告げ、店を後にする。  このところの雨でぬかるんだ道に気をつけるように、と強く念を押された後、私は店の脇の傘立てに突っ込んでおいた赤い傘を手に取った。
/65ページ

最初のコメントを投稿しよう!