突然の涙

1/2
41人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

突然の涙

 学校が終わると、友達と遊ぶ日以外は、まっすく家に帰る。家事というほどのものでもないけど、家の手伝いがあるからだ。洗濯物を取り込んでたたみ、お米を研いでおく。食器の後片付けや簡単な掃除などもする。その後、勉強や宿題を済ませ、おじさんが帰ってきたら夕食の支度を手伝う。おじさんが残業で遅くなるときは、私が夕食を作ることだってある。残念ながら、おじさんほどの腕はないけど、そこそこのものは作れると思ってる。  大好きなおじさんと仲良く暮らしていくために、私だってそれなりの努力はしているのだ。  そして今。私は玄関の扉の前に立っている。いつもなら合鍵で鍵を開けて、さっさと家の中に入るのだけれど、さすがに今日は少し気が引けた。家の中にいるのだろうか。あの父親が。  おじさんが仕事から帰ってくるまで、まだ少し時間がある。ということは、あの父親とふたりきりってことだ。私にとっては、顔しか知らない父親。どんなタイプの人間なのかは朝の会話でなんとなくわかったけど、それでも馴染みのない男性でしかない。「ただいま」っていうのも、癇にさわる気がする。  しばし悶々と考えていたが、時間が経過するばかりで答えはでない。このまま玄関に立ち尽くしているわけにもいかないし、いつも通り家に帰ろう。  小さく決意した私は鍵を開け、わざと大きめな声で「ただいま!」と言った。父親はいるのだろうか? しばらく様子を伺っていると、奥から男がのっそりと現れた。シャツのボタンを真ん中数個しか留めておらず、隙間から胸元とお腹が見えている。おじさんのシャツを、どうしてあんなにだらしなく着れるんだろう。 「お帰り、朱里。学校お疲れさん!」  ひげを剃り、こざっぱりとした父親は、おじさんによく似ていた。顔だけ見れば、すぐには見分けがつかないほどだ。やっぱり一卵性の双子だって思う。 「朱里、どーよ。お父さん、いい男になったろぉ? 朝の姿は仮の姿だからさ。ハッハッハッ!」  口さえ開かなければ。やっぱり顔だけだ。中身はまるで違う。おじさんはもっと上品だ。 「シャツのボタン、ちゃんと留めなさいよ。そうしたら少しはマシになるわ。おじさんには負けるけど」 「よく見てくれよぉ。俺だって十分かっこいいだろ?」  顎に手をあて、モデルのようなポーズを気取るが、全くかっこいいとは思えないから不思議だ。顔はおじさんによく似てるのに。 「何も話さなければ少しはね」 「何も話さなかったら、それはそれで不気味だろ? これでも少しは気を使ってるんだぜ。ほとんど覚えていない実の父親と、いきなり仲良くなれるわけないもんな」 「へぇ。ちゃんとわかってるんだ」 「そりゃあ、わかりますよ。俺が朱里と同じ立場なら、父親を一発殴ってるところだ」 「私は殴ったりしないわよ。呆れてはいるけど」  へらへら笑っていた父が、急に真顔になった。じっと私を見つめてくる。その眼差しはおじさんによく似ていて、不覚にもどきっとしてしまった。 「怒られても、呆れられてもいい。それでも俺は、おまえに会いたかったんだよ、朱里」  少し悲しげに見えるほど、真剣な顔をしている。嘘をついてるようには思えなかった。 「どうして今になってそんなこと言うの? 今まで一度も会いに来なかったくせに」  おじさんとの生活が幸せであればあるほど、何度も思ったのだ。  私はどうして父に捨てられたんだろう? と。 「娘を捨てたくせに。私のこと、いらなかったんでしょ? いらない子だから、おじさんの優しさを利用して、私を押し付けたんでしょ? 捨てたんなら、そのまま見捨てなさいよ。優しくとしようとしないで。私はいらない子なんだから!」  こんなこと言いたかったわけじゃない。でも中途半端に優しさをみせられると、言いたくなる。 「私はいらない子だから、本当のお父さんに捨てられたんだ」ってずっと思ってきたから。 「ごめん、朱里。どれだけ言葉を重ねても、おまえからしたらそう思うよな。本当にごめん」  ふいに涙がこぼれた。なぜ泣いているのか、自分でもわからない。けれど一度涙が出てくると、もう止められなかった。拭っても拭っても溢れてくる涙を、どうしても抑えることができなかった。 「なんでよぉ、なんで今頃のこのこ出てくるの。私はおじさんがいればいいのに。父親なんていらない。私を捨てた父親なんて、これっぽっちもいらないんだから」 「朱里……」  ダメだ、感情をコントロールできない。こんなはずじゃなかったのに。もっとクールにあしらうつもりだったのに。ああ、誰か、この涙を止めて。
/11

最初のコメントを投稿しよう!