プロローグ

1/2
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/36

プロローグ

小学校ってのは 長いようで短い。 その時の記憶なんて 大人になったら忘れてしまうのだろうけれど、 けれど、 ほんとにうれしかったり ほんとに衝撃的な記憶は 多分 一生忘れないと思うから 忘れたくないと思うから 小学校の時の記憶なんて それだけでいいと思うから 。。。         (さら) 「 ねえちょっと、紗良。少しはまじめにやってよ。 」 そういつもの委員長が僕に言う。 「 うるさいなー放課後くらい休ませてよ 。」 「 しょうがないでしょ当番なんだから。 」 窓からはセミの鳴き声がうるさいくらい聞こえてくる。 「 ほんとにもう。他のはやっておくからごみ箱だけ出してきて。 」 「 ほーい 」 俺、影山 紗良 は外に行けると心の中で喜びながらごみ箱を持って 校庭に出る。 暑いな ごみ置き場に着くと学校の裏山が影になって涼しい。 ふと山を見る、 すると緑が生い茂る山の中に何かが光っているのを目にする。 「 なんだ、あれ?」 何かはわからないが きれいに輝く一つの光点が山にの中にあるように見える。 それは緑色の空に星が一つ輝いているようだった。 だから、 放課後そこに登ろうと思うことは自然だったのかもしれない。 「 じゃあね 」 「 おう 」 委員長と掃除を終え別れた後、山へと続く凸凹な道を進む。 右には木々が生い茂り、 左には田んぼが続く一本道は 夕日で照らされて とても とても きれいだった。
/36

最初のコメントを投稿しよう!