2.岡崎神社の狛うさぎ

46/56
1362人が本棚に入れています
本棚に追加
/176ページ
 きっと私が同じ立場になったら、香奈枝さんと同じように悩むと思う。  私が仮に妊娠して、離婚をすることになったとしたら、シングルマザーとしてしっかりと子供を育てて行けるのだろうかと、不安になるに違いない。  私は社会人としても、大人としても未熟だし、ひとりで生計を立て、子供を育てていく自信はない。  それなら、離婚をせず愛のない家庭で子供を育てる道を選ぶのか、いっそ産まないという選択をするのか……。  命は、大切にされるべきものだ。  けれど、私だったら……私だったら……一体どうするのだろう……。  香奈枝さんの心に寄り添えば寄り添うほど、我が身に置き換えて想像を巡らせ、私はだんだん胸が苦しくなって来た。 「……杉沢さんは、ご主人と本当に別れたいんですか?もし別れた場合、ひとりで子供を育てていくという選択肢はないんですか?」  静かにそう尋ねると、 「……分かりません」 香奈枝さんは首を振った。 「…………」  私はそれ以上かける言葉が見つからず、ただ、ぎゅっと香奈枝さんの手を握り締めた。  オレンジジュースの氷が溶けて、からん、と音を立てた。
/176ページ

最初のコメントを投稿しよう!