忘れていた思い出、思い出した味

味覚と思い出は結びついている。だから、思い出すのだ。

7 135

恋愛 完結
8分 (4691文字)
元ネタは学生時代に書いた未発表の作品です

あらすじ

とある神域、とある社には。 「元」人間の神様がいた。 その神様の近くには。 「元」人間の鬼がいた。 人間ではなくなったふたりは、時間と共に人間味が無くなっていったかのように思えた。 そんなふたり

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る