20年越しのラブレター

15/15
299人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ
はぁ… 思わずため息が漏れる。 「仕方ない。  じゃあ、最後の手段。  パーティが終わるまでに、  思い出せなかったら、何でも言う事を聞くん  だったよね」 あっ… と、紬の表情が固まる 「俺と付き合って。  絶対に幸せにするから。  家や職業なんて関係ないだろ。  俺が紬を守るから」 それでも、紬は不安そうな表情を浮かべて、俯いてしまった。 俺は紬の手を取り、玄関傍にはめ込まれた鏡の前に連れて行った。 「紬、背筋を伸ばして、胸を張ってごらん」 素直な紬は、言われるままに背筋をピンと伸ばす。 「紬は自信を持っていい。  紬は世界一の女の子だよ。  俺なんかが足元にも及ばないくらい。  だから、お願い。  俺と付き合ってください」 鏡越しの紬は、自信なさげな表情から、徐々に明るく晴れやかな表情へと変わっていく。 そして 「私でよければ… 」 と頷いてくれた。 俺の初めてのラブレターから20年。 初めてのプロポーズから20年。 折に触れ、ずっと気になってた女の子。 俺たちの幸せはここから始まる。 ─── Fin. ───
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!