炎帝サーシャ物語 プロローグ 炎の娘サーシャ――旅立ちの時

後に炎帝と呼ばれ大陸を席捲することとなるサーシャの旅の始まり。妄想コンテスト『食べる』参加。

29 400

14分 (7972文字)
壮大なスケールで綴られる冒険の序章。これはこれで完結するので短編です。本編を書くかどうかは未定です(;'∀')

あらすじ

小さな山間の村で生まれ育ったサーシャ。後に炎帝サーシャと呼ばれるようになる彼女の旅のプロローグ。

シリーズタグ

感想・レビュー 1

感動作品

いつも生贄に対して思うこと。何故、子供や女ばかりが犠牲になるのだろうか?むしろお先の短いヤツから選ぶべきでは?子供のほうが肉が柔らかくて美味いとか非人道的な考えなのか?それとも毛の生えたものは汚らわし

その他情報

公開日 2019/10/7

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る