プロローグ 雨が降る

1/1
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/41ページ

プロローグ 雨が降る

 街灯が照らす道路を歩いていく。革靴がいつもより重く感じる。  腕時計を見ると時刻は21時半を回って、すでに22時近くになっていた。  ひらりと何かが道路に落ちた。鞄のサイドポケットから落ちたそれは、僕の社員証だ。  拾った社員証をじっと見つめる。  風張 悠平    取り繕ったような引きつった笑みと、自分の名前。無性にくしゃくしゃにしてやりたくなる。  僕の仕事は営業職。スーパーや、食品加工業を営む取引先に対して、食品の包装資材や衛生用品を卸す仕事だ。  スーパーの生鮮主任や、食品工場の責任者という人たちは、なかなかクセが強い人が多い。 今日も営業先で懇々と説教を受けて、うなだれて帰社。  配送する資材を手配して、日報を作成していると、取引先からクレーム。注文していた資材が届いていないと、まさに火山噴火の如き怒り。  慌てて資材を自分で届けると、そこで責任者の方に説教をされて平謝り。  なんだかんだあって、今日も帰りが遅くなった。 「ん?」  違和感。  顔に当たったその感触は、馴染み深い感触だ。 「雨か。今日は夜から降るっていってたな」  ぽつぽつ、と雨が当たる。  まだアパートまでは距離がある。鞄から折りたたみ傘を取り出そうとする。  ……ない、ないぞ⁉︎  なぜだあああっ‼︎ いつも持ち歩いているのにっ‼︎  記憶を辿ると、会社に居た時、夕立があったことを思い出した。出掛ける先輩に折りたたみ傘を貸したまま、返ってきていないことを思い出す。 「最悪だ!」  鞄で頭をガードして、急いで走り出す。  僕の人生。いつも、こうだ。  学生時代、ひとりだけ、彼女がいた。  デートの日はいつも曇り。彼女の誕生日などの特別な日は土砂降りの雨や、台風の上陸。  関係は3ヶ月しか続かなかった。  大学受験の日は、都心で稀に見る大雪。  面接試験の前日に42℃の高熱。体調不良で試験に挑んで、希望の就職先には落とされた。  今の会社の初出勤の日は、電車と自動車の踏切事故で大遅刻。理由はあったけど、連絡し忘れて第一印象は最悪になった。  出掛ければ、ほとんど雨が降る。  信号は必ず赤。  踏切はほとんど引っかかる。  並んだレジより隣のレジが早く終わる。  そんなこんなで、ついたあだ名が、災厄男。  これが、僕の日常だ。
/41ページ

最初のコメントを投稿しよう!