1 はじまり

1/4
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

1 はじまり

 ひろい世界のどこかの端に、緑ゆたかな小さな国がありました。  その国には、かつて妖精が住んでいたとされる森があります。みずみずしい美しい森です。  ですが、それとはべつにもうひとつ。北の方角にうす暗く、うっそうとしげった森があり、そちらにはわるい魔女が住んでいるといわれています。  よい魔女が妖精を従えて人々に幸福をもらたすのとは逆に、わるい魔女は魔物を従えて人々に呪いをふりまきます。  ひどい日照りがつづいて作物が育たなくなったり、たくさんの人が苦しむ病気をはやらせたり。  国を守るため、王さまはよい魔女と力をあわせて、わるい魔女を森の奥深くに閉じこめました。  妖精の力をつかい、森からけっして出れこられないようなまじないをかけたのです。  閉じこめられた、わるい魔女はいいました。  呪ってやる。  これより千年先に生まれた王子によって、この国は滅びるだろう。  王さまは、わるい魔女の言葉におどろきました。  けれど、よい魔女がいったのです。  だいじょうぶです、王さま。  わたしがかならず呪いはとめてみせましょう。  わたしの代でだめだったとしても、その子どもが。  そのまた子どもが、きっと呪いに打ち勝つことでしょう。  王さまはいいました。  ありがとう。よい魔女よ。  わたしにもその手伝いをさせてくれ。  わたしの代でだめだったとしても、その子どもが。  そのまた子どもが、きっと呪いに打ち勝つことだろう。  そうして、よい魔女は王さまの花嫁となり、力を合わせて国を守りつづけているのです。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!