7 穴

1/3
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ

7 穴

 エセルグウェンはシスティーナを縛る縄をほどこうとしますが、かたく結ばれた縄はなかなか解くことはできません。  エセルグウェンは腰の剣を抜き、システィーナの身体を傷つけないようにしながら、縄をきりました。 「エセル」 「いいんだ。ティーは魔女かもしれない。だけど魔女がティーなら、それはちっとも怖いことじゃない」  エセルグウェンはそういってシスティーナの手をとりました。  大きくて固い手に、システィーナは顔を赤らめます。  そうして手を握ったまま、エセルグウェンは柵の向こう側にいる人々にいいました。 「このむすめはわるい魔女などではない。森に住んでいるだけで、ただのむすめとおんなじだ」 「王子、いばらの森に住むのは、わるい魔女です」 「彼女がどんなわるい行いをしたというのか」 「なにもしなくとも、わるい魔女はわるい魔女だ。これからなにかをするやもしれぬ」 「そうだ、姿を現せ、いばらの魔女め」  飛んできた土くれを、エセルグウェンはシスティーナをかばって受け止めます。システィーナが渾身(こんしん)のちからで押しても、エセルグウェンの身体はびくともしません。  王子の背中のうしろで、システィーナはいいました。 「エセル、これ以上はだめ。王子は正しいおこないをするべきなのよ」 「ぼくにとっての正しいことは、君を守ることだけだ」 「――エセルはおおばかだわ」 「ちがいない」 「やっとみんな王子を受け入れてくれるのに」 「みんながほしいのは、王子という存在だけだ。ぼく自身は必要ない。ぼくの身体はただの(うつわ)だ。王子という名の人形なのさ」  エセルグウェンはなんだかすっきりとした気持ちでした。  生まれた時から忌避されて、それをなんとか(くつが)そうとしていたことは、もうどうでもいいとおもいました。 「最初からぼくは終わりゆく者だ。終焉(グウェン)だ。そう名づけられ、それすらも封じられた。この世の中でぼくを知っている唯一はティーなんだ」  二人の頭上で枝葉がざわざわと音を立てました。  システィーナ、いばらの森の魔女。  そして、エセルグウェン、森を訪れし王子よ。  大木が語りかけました。  エセルグウェンは上を仰ぎましたが、誰の姿も見えません。  ざわりと葉を揺すり、声はなおも語りました。  王子よ、魔女を殺しなさるか。  エセルグウェンはかぶりをふります。 「彼女はぼくの唯一だ。彼女が死ぬというのであれば、ぼくもまたそれにつづくだろう。魔女が殺されるのであれば、王子もまた殺されよう」  大木は囁きました。  ならば、ともに死するがよい。
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!