8 おしまい

1/2
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/26

8 おしまい

 底が知れないとおもっていた穴ですが、やわらかい土のおかげで、けがをすることはありませんでした。  暗がりのなか、エセルグウェンはシスティーナをよびます。 「ティー、だいじょうぶかい?」 「わたしは平気。風と土が守ってくれたもの」 「そうか。ならばぼくが平気なのも、そのおかげなんだろう。ありがとうティー」  ここにいて、上から誰かが来るともかぎりませんので、エセルグウェンはおそるおそる先へ進むことにしました。  穴は二人が並んで進めるほど広くはないので、二人は声をかけあいながら、ひたすら先へ進みます。  身体が痛くなってきたころに、光が見えて、ようやっと穴の外へと這い出ることができました。  穴の外は、高い木々におおわれた森のなかでした。  システィーナはおどろきます。 「ここは、いばらの森だわ。どうしてこんなふうにつながっているのかしら」 「きっとティーを助けてくれたんだ」  エセルグウェンがそういったとき、木々が揺れて答えました。  システィーナ。いばらの森のさいごの魔女。よくぞ戻った。  エセルグウェン。森の客人にして、さいごの王子。  王子や、よくぞ我らの子を救ってくれた。ありがとう。  ありがとう、ありがとう。  声がこだまします。  エセルグウェンは答えました。 「礼をいうのはこちらのほうだ。ありがとう、ぼくはあなたのおかげで、大事な人を見つけられたんだ。あのお城の庭でぼくが穴を見つけて、そうして誰にも邪魔されずにいられたのは、ご老人、あなたのおかげだろう?」  ざわめきは答えます。  やれ、王子や。いつから気づいておいでだね。 「あの広場で、声をきいたその時から。ああ、あなただったのかとわかったよ」  王子。よくぞ魔女を殺した。おかげでシスティーナはただのむすめとなった。  そして王子。おまえもまた死んだのだよ、エセルグウェン。  エセルグウェンは微笑みました。  となりにいるシスティーナにたずねます。 「ぼくはここに居てもいいだろうか」 「かまわないわ。森もよろこんでいるし」  そういうと、エセルグウェンは少し不満そうな顔をします。 「君はよろこんでくれないのかい?」  システィーナは恥ずかしそうに答えました。 「……そんなの、うれしいにきまっているわ」  システィーナは、よごれてしまった服を払います。 「泉で顔をあらいましょう。髪もぐちゃぐちゃだわ」 「そうだね。せっかくのきれいな髪がだいなしだ」 「エセルの髪のことをいっているのよ」 「ティーの髪のほうが、ずっとずっといいのに」  泉のほとりで清めながら、システィーナは訊ねました。 「ねえエセル、エセルグウェン」 「なんだろう」 「本当に、ずっとここにいるつもりなの? あなたには、お父さまもお母さまもいらっしゃるのに」 「かまわない。だってぼくはただの王子だ。それにどうせ、名前だっておぼえていないだろう」 「どうして? とっても素敵な名前なのに……」 「そうおもうかい? グウェン――おしまいって意味じゃないか」 「それは違うわ。だってグウェンは(はなむけ)の言葉だもの」  良き出会い(グウェンタール)良き別れを(グウェントール)  旅立つ人におくる、祈りの言葉です。 「そんなこと、はじめて知ったよ」 「エセルの名前は、とっても素敵に満ちているのよ」 「だから君に会えたんだ。この名前でよかったと、はじめてそうおもったよ」  エセルグウェンは幸せそうに笑い、システィーナを抱きよせました。 「ねえ、ティー。システィーナ。ぼくのそばで、ずっとずっと名前を呼んでくれるかい?」 「それがあなたの望みなら、わたしはそれを叶えるわ。だってわたしは魔女なのよ。いばらの森の、さいごの魔女なの」  システィーナはそういって、笑みを浮かべました。
/26

最初のコメントを投稿しよう!