終焉

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

終焉

「終わったね。」  少年は、そう言うと隣にいた男に目を向けた。 「ああ、全てな。」  そう言って、男は唇を噛みしめていた。 「なぜだ!なぜこんなことに!」  少年は、悲しそうに男を見上げました。 「泣かないで。僕は、ずっと変わらない。変わらずに君のそばにいるよ。」  男は、ポロポロと涙をこぼしていました。  男の、涙が止まると少年は再び話しかけました。 「ねぇ、僕たちが出来ることはもうないよ。」 「ああ、行こう。もうここに用はない。」 「うん。」  男たちは、まっさらな荒野とかした大地を見てその場を去りました。  その大地に以前は何があったのか今はもう分からない。  しかし、推測することは出来る。  なぜ、荒野とかしたのか皆さんで考えてみよう。 先ほどの少年の言葉から考えてみると、その地に住んでいた人間が変わったのだろう。それが、きっとこのようなことになった原因のひとつなのかもしれない。だが、全ては推測に過ぎない。思いきってあの男たちを追いかけてみよう。 「お前まで俺に付き合うことはない。好きなところに行け。俺は、ひとりでいい。」 「何言ってるの?大丈夫だよ。好きなところに行けって言ってたじゃん。だから、こうして付いてきてるんだよ。もう〜バカだなぁ。」 「そうなのか。すまん。」  男は、驚いた顔をして謝りました。 「そんなことより、一旦帰ろうよ。」 「ああ、そうだな。」  男たちは、上空で止まっていたかと思うと更に上空へと飛び去りました。
/16

最初のコメントを投稿しよう!