地上の民

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/16

地上の民

 トルテアルールたちは、自宅に戻りました。二人は、椅子に向かい合って座り、小鳥のアーマルスキオはテーブルの上にちょこんと乗っていました。トルテアルールが、紅茶を入れて皆一息つくと、ディオスラインは少しずつ語り始めました。 「俺たちがいた場所には、昔からいさかいの耐えない国々があった。それは、本当にたいしたことのない理由からいつも始まっていた。だが今回は、それがやりすぎだったということだ。あの辺で一番大きな国が、ある魔法を解き放った。破壊魔法のひとつだがな。結局その魔法で地上のほとんどが吹き飛ばされた。後先考えずに力を振るったのだろう。おかげで何もない。」  小鳥のアーマルスキオは、不思議に思いました。 『何で?何でいさかいが起こるの?』 「う〜ん。何でって、人間には欲しい物がたくさんあるからじゃない?あっ、後は怒りのゲージが高まると戦争みたいないさかいが起こるんじゃない?僕らは、そう考えてるんだ。」  トルテアルールが、アーマルスキオの問に答えました。 『ふ〜ん。じゃあ、それはいつ終わるの?』 「終わらないな。人間が、いる限り・・・・。」  ディオスラインは、疲れきった顔でそう話しました。 『へぇ。じゃあ、二人は何をしてたの?』  さすがは、小鳥です。好奇心旺盛でいろいろなことを聞きたがりました。それを二人は、嫌がることもなく答えていました。 「それは、生き残りがいないか探していた。」 「小鳥一羽見逃しちゃったけどね。でも、他には何もなかったのは確かだけどね。」  二人の話しを聞いてもアーマルスキオはまだ納得できませんでした。 「ふ〜ん。」 「で?キオ、他に何か聞きたいことは?」  トルテアルールの言葉にキオは、ほんの少しだけ考えるとそれ以上何も聞きませんでした。 『う〜ん、別にいい。ありがとう。』 「以外にあっさりしているな。もっと聞いて来るかと思ったぞ。」  ディオスラインは、安心したように語りました。 「まあまあ、いいじゃん。ディオ、それよりキオのこと聞いてみようよ。」 「・・・・・まあ、そうか。分かった。ルーに任せる。」 「そお?じゃあ、キオ。今度は、僕らの番だよ。」  ルーは、キオに向かって嬉しそうに話し始めました。 「何せここには、滅多にお客さんなんて来ないからね♪だから、いっぱい話してお互いを知っていこうね。僕はね、友信(ゆうしん)の神なんだ。あっ、友信っていうのはね。友情とか信頼のことをいうんだ!僕は、生き物全ての友情と信頼の心を司る神なんだ。君は?君は、誰なの?教えて、キオ。」  ルーは、穏やかな表情でそうキオに語りかけていました。
/16

最初のコメントを投稿しよう!