プロローグ

1/2
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/43

プロローグ

『ねぇ。──あんたもしかして、矢井戸桂太?』  高校入学とともに果たした、偶然すぎる再会。 『ねぇ、あんた、何で急に──…。──……。───』  俺を見つけるなり、茅野柚葉はまるで責め咎めるように“あること”を告げて、俺を見据えてきた。  まるで問い詰めるかのように──。  ……いやいや、待って。これはタイミングが悪すぎる。  運命の神様が俺らを引き合わせてくれた事には感謝するけど、何も今このタイミングじゃなくてもよくね?って思う。  呆気に取られて何も答えられないでいる俺に、柚葉は幻滅したようにため息をついては──。 「もういい」  そう一言告げて、立ち去った。  ……ほら、やっぱそうなるよね。  だって俺、今──。 「ねぇ、ケータくん、今の子だぁれ?」 「ねー、めっちゃ可愛かった! ちょっと怒ってた風?」 「まさか彼女……とかじゃないよね?」  複数の女の子に、囲まれてんだもん。 「えー、そう見える?」  なのに、焦るでもなく弁解するでもなく、女の子たちに振り向いてデヘッと笑ってしまう俺。  普段ならこんな状況は願ってもあり得ない事だから、有頂天になっていたのは確かだし、冷やかされて調子に乗ったというのもある。
/43

最初のコメントを投稿しよう!