第2話 格闘天使ちゃんの恋

1/6
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/43ページ

第2話 格闘天使ちゃんの恋

「……ねー。ごめんってー。ゆずたんごめんってー」  ──放課後。  部活終わりに、俺は委員会上がりの柚葉を待ち伏せしていた。──こいつは何気に文化祭実行委員なのだ。  昇降口を出てスタスタと帰ろうとする柚葉を、謝りながらてけてけと追いかける。  ボコられた挙げ句、柚葉から「あたしの半径5メートルは近づかないで!」という厳しすぎるお達しを受けたにも関わらず、懲りない俺はひょこひょこと柚葉の後をつけているのだ。  ……つか半径5メートルとか範囲でかくね? 無理じゃね?  クラスメイトなのに同じ教室にいたら弾き飛ばされる距離だよね。  とか思いつつ、実質半径1メートルぐらいの付かず離れずの距離をうまくキープしながら付け回してはいるんだけど。 「……近づくなって言ってるでしょ。それとそのゆずたんってのやめて」  不機嫌すぎるトーンの声を発しながら、振り向きもせずスタスタと歩いていく柚葉。 「じゃあ、ゆずぽん」 「………」  ──ジーザス、無視だよ。ポン酢と突っ込むテンションですらないらしい。 (これはもう、ガチギレの域ですな……)  俺は他人事のように顎に手を添え、フムフムと考える。  さっき食らった連突き(上段正拳突き二本)……。痛ぇよ、顎と顔面。さすがは格闘天使ちゃんだわ。  これはもう、ひたすら謝って許しを乞うなり励ましの言葉を掛けてフォローするなりするしかないな。
/43ページ

最初のコメントを投稿しよう!