浪漫恋愛〜ロマンチックらぶ~三話目

1/3
101人が本棚に入れています
本棚に追加
/18

浪漫恋愛〜ロマンチックらぶ~三話目

「五条さん、編み目ぐちゃぐちゃ。やり直し。」 ガ────ンっ! 裁縫と同じくらい苦手な編み物…… せっかく苦労して編んだのに、解くのはあっという間で泣けてきた。 「まさかあの時の美男子が雛子さんの縁談の御相手とは驚きよね〜。」 「これぞまさしく運命ねっ。二人は出逢うべくして出逢ったのよ!」 「家柄も財もあって、若くてハンサムな殿方なんて完璧!超羨まし〜いっ。」 「縁談が決まれば中退するのがお決まりなのに、卒業まで待っててくれるなんて紳士よね~!」 ものは言い様だな。 そんな運命も優しさも、私には微塵も感じられなかった。 第一私の縁談話ですらなかったし…… 普通は将来の夫となる人のことを考えたら胸が熱くなったりするもんなんじゃないの? あの男のことを考えたら(はらわた)が煮えくり返るんだけど…… 私が財閥の御曹司と婚約したことはもう学校中の噂になっていた。 金で買われたと揶揄する人もいたけれど、いちいち気にしてなんていられない。 それよりも、誰かマフラーを編むのを手伝ってくれないだろうか…… 「旦那様に差し上げるつもりで編んだら上手に出来るんじゃないかしら?」 「うん…そうだね……」 笑顔が引きつった。 こんな時櫻子姉様が居たらなあと考えてしまう。 居なくなって思う…… 私、櫻子姉様に頼りきっていた。 裁縫も編み物も刺繍も…だから全然上達しなかったんだ。 あれから一週間が過ぎた。 誰にも向き不向きはあるからと、櫻子姉様が優しく微笑みながら言ってくれたのが懐かしい…… 晴彦さんと幸せに暮らせているのだろうか…… 街中で、二人に似た人を見かけたらつい目で追いかけてしまう。 船に乗って遠くまで逃げた二人が、こんな近くにいるはずなんかないのに…… 「Excuse me.」 英語で助けを呼ぶ声が微かに聞こえてきたので見渡すと、洋装のドレスを着た異国の美しい貴婦人が、道行く人に声をかけている姿が見えた。 すいませんと話しかけているのに、英語がわからないからなのか、みんな曖昧な表情を浮かべて去っていく。 「Can I help you with something?」 私はその貴婦人に近寄り、なにかお困りですかと声をかけた。 貴婦人は英語と身振り手振りで伝えようとしてきた。 どうやらイヤリングを路面電車のレールの溝に落としてしまい、取れなくて困っているようだった。 道端にしゃがみ込んでレールを覗いてみた。 それは小さな色とりどりの宝石が散りばめられた、とても綺麗なイヤリングだった。 割れ目に入り込んでしまい、指では簡単に取れそうにない。 「Ooh!」 貴婦人が悲鳴を上げたので見てみると、向こうから電車がやってくるのが見えた。 あんなのが通過したら壊れてしまう。 なにか使えそうなものは…… 貴婦人はもう危ないからと言っていたのだが、私は鞄の中身をゴソゴソと探った。 路面電車がチンチンチンとベルを鳴らしながらこちらに近付いて来る…… 貴婦人に後ろに下がってと言ってから、編み物をするかぎ針をレールの溝に突っ込んだ。 電車が目の前を通過していく────── あ、危なかった。結構ぎりぎりだった…… 「Thank you very much!Thank you very much!」 物凄く感謝されてお礼に食事にと誘われたのだが遠慮した。 マフラーを編まなきゃいけないし、早く帰らないと帰り道が真っ暗になってしまう。 「May I have your name?」 別れ際に名前を聞かれたので、私はHinakoと手を振りながら答えた。 役に立たないと思っていた英語が思わぬところで役に立ったな…… 櫻子姉様が良かったねと 微笑んでいるような気がした──────
/18

最初のコメントを投稿しよう!