プロローグ

1/1
218人が本棚に入れています
本棚に追加
/63

プロローグ

 ……悠斗(ゆうと)、元気にしていますか?  こちらは、だんだんと冷え込んできてね、木枯らしが舞ってきたよ。  薄手の白のタートル、ミニスカートロングブーツを履いて、コートを羽織らないといけない季節になっちゃった。  今日は休みで、私は特に用事もなく街へ出かける予定なの。  今年はすごく冷え込むから、東京にも雪が降るかもしれないよ。  悠斗とお別れした日は雪が降っていたよね。  寒い季節になると、ついつい悠斗と過ごした日々を思い出しちゃうんだ。  悠斗。会いたいよ。ものすごく、会いたい。  せめて、声を聞くだけでもいい。  元気に過ごせているのか、知るだけでもいいの。  ねえ、悠斗……。  あぁ、またやってしまった。  悠斗と離れ離れになってから、心に悠斗を思い浮かべて、悠斗に話しかけてしまう。  ついつい、やるクセだ。  あなたは、何年過ぎても私の心から消えてくれない。  私にとって悠斗は、大事な人だった。  まだまだあの頃は子供だったけど、私は悠斗のことが大好きだった。  寒い札幌で全身が熱くなるほど、悠斗に恋をした。  叶わぬ恋だと知っていながら、一生懸命、悠斗を想い、悠斗の笑顔が見たくて頑張った。  悠斗が笑ってくれるなら、なんだって、できる気がしたの。  今、私は二十六歳になって、真面目にOLして働いている。  本来、出会うべき二人ではなかったのだから、今が自然の形。  そうだとわかっていても、やはり胸の奥にある塊はいまだに私を苦しませる。  時が流れようと、純粋にあなたのことが大好きです。  報われなくても、ずっとずっと――。ずーっと、ずっと愛しています。 ――月のようなキミ。 月のような柔らかい光で、僕を包み込んでくれた。 僕とキミは、出会う運命じゃなかったのかもしれない。 こうして、会えないでいるのが自然なのかもね。 だけれども。 今宵も月を眺め、キミを想い続けています。 キミに不幸が訪れませんように……。 キミが試練に負けませんように……。
/63

最初のコメントを投稿しよう!