巨大怪獣ニホンクイ

日本の北と南の海上に、突如として巨大怪獣が出現した。現実離れした展開の超パニック小説。

13 211

SF 完結
10分 (5451文字)
妄想コンテスト「食べる」参加作品。

あらすじ

ある日、日本の周辺に超巨大怪獣が現れた。 「大泉総理、報告致します」 現日本国首相である大泉薔薇子の元に秘書官から第一報が入ったのは、ゴールデンウイークの最終日にあたる五月の月曜日だった……

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

ネタバレありです。

この展開では核を使うでしょうとか、いろいろと甘いと思っていたらこの結末があったからと納得できました。そういう意味ではハッピーエンドで良かったです。

果たして核を使わないと言い切れるかな?

夏織さんはTwitterでよく絡んでいますが、 あまり作品を読んでこなかったので、今回初めてのレビューです。 昔、「ゴジラ」を自分が監督したら……?と妄想したことがあります。 まだ「シン・ゴジラ」が

その他情報

公開日 2019/10/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る