きみはぼくの好物

妄想コンテスト「食べる」味覚と食欲が褪せてしまった恋人の話。

7 169

恋愛 完結
6分 (3,039文字)
味覚と食欲が褪せてしまった恋人の話。

あらすじ

食事は好きじゃないんだ。 たくさんのイヤな思い出が邪魔して、味がよくわからないから。 いつだって、仕方なしに食べてたよ。 でも、きみとなら美味しく食べられた。 —————————————————

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る