きみのエビチリが食べたい

そうじゃないんだ! これじゃないんだ!

3 14

7分 (3,896文字)
しあわせの味を思い出すきっかけになればと思います。

あらすじ

四割引きの惣菜が並ぶ食卓に私は心の中でため息を吐いた。 「どうしたの? 食べないの?」 鬼の形相で妻が尋ねる。 食べないわけじゃない。 だけど…… 「今度、エビチリを作ってくれないか?」 勇

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る