歓喜

散歩の途中。ふと見かけた生と死の光景

2 53

7分 (3703文字)
妄想「食べる」参加

あらすじ

渡会慶介の日課は、お気に入りの川べりを散歩する事だった。 その途中、立ち止まって川の中を眺めるのが好きだった。 浅場で小魚のせわしなく動くのを眺めるのをとりわけ好んでいた。 だがある日、この場所に一匹

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る