黄昏時の少年

俺はその少年の話に夢中になっていった。 ※連作短編

8 18

ホラー 連載中
1時間4分 (38240文字)
いつも読んでいただき本当にありがとうございます。すみません10月中完結は無理そうです。。。来月中は完結させます。

あらすじ

 黄昏時、俺は公園で少年に出会った。    公園の隅にあるベンチを通り過ぎようとしたとき、 「お母さんが迎えにくるまで、僕の話をちょっと聞いてよ。」とその少年が突然話かけてきた。    あの時立ち止ま

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2019/10/10

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る