開幕 沼の底から

1/2
35人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

開幕 沼の底から

 ゴポリ……やけに大きな音を響かせて、最後の息が口から、ゆらゆらと秋の日が揺らめく水面に上がっていく。  もう、水の冷たさも感じない。顔の周りで海草のように揺らぐ髪も。  目の前が段々暗くなっていく。  ……助けてよ……母さん……父さん……。  淀んだ沼の水にたぶん、オレの目の縁から溢れ出ているだろう、涙が混じっていく。  ……ああ、オレは死ぬんだ……。  ……山ぶどうなんて探さなければ良かったな……。つい、意地を張って普段は入らない森に入って……。  ……なんで……あのとき……山ぶどうの房を見つけてしまったのだろう……。  ……ツタが絡み付く、木に登って房に手を伸ばしたら……枝がポキリ……と……。  ……秋で周りの木もほとんど茶色で、枯れ木だなんて思わなかったんだ……。  沼に落ちる前の光景が、走馬燈のようによみがえり、目の前が更に暗くなる。  そのとき 「何回、死ねバ、気がすむんダヨ!」  ふざけた声がして  ザパリ!  水面を叩く音と共に、オレの目の前にオレンジ色の顔を現れた。 「……何回って?」  目の前の顔はアレだ。ジャック・オ・ランタン。ハロウィンで飾るオレンジのカボチャに、目と鼻と口をナイフでくり抜いて作ったものだ。それは、くり抜かれただけのはずの目をすっと細くした。 「ボクガ気付いテカラ、もウ十回目だネェ~」  同じく、くり抜かれただけの口元がヒククと震え、ケタケタと癇にさわる高い笑い声が、水中のオレの耳に響く。 「は?」 「ウっとうしイかラ、今、そコから出しテあげルヨォ~」  何かがワサワサと腕や足に絡みつき、沈むだけだった体がぐっと持ち上がった。 「たっ! 助けてくれるのか!?」 「マっさかァ~」  ザパリ! どうしても届かなかった水面を割って、オレの体は秋のオレンジ色の夕日が差す沼の上に出た。秋風が沼の面に小さな波を立て、周囲の木々の枝を揺らし、赤く色付いた葉を散らす。 「ア、アレ?」  オレが、ここに山ぶどうを採り来たときは、まだ日も高くて、空も真っ青……だったん……だけど……。 「ダ~かラ、言っタデショ」  正面を見ると、大きなギザギザの葉っぱ……カボチャの葉がついた太いツルが、くるくると渦巻いた上に乗った、あのカボチャ頭がいる。白いシャツに、紫の蝶ネクタイ、黒いベストと上着を着、ズボンを履いている。  オレは自分の身体を見回した。オレの身体にも、何本ものカボチャのツルが絡まっている。ヤツはこれで、オレを沼から引き上げてくれたらしい。 「キミは死んデいルんだカラ」  三角の目と、大きな口がきゅうっと閉じて、愉快そうな曲線を描く。  その言葉に、オレはようやく気付いた。さっきから、冷たい秋風が吹いているのに、ズブ濡れのはずのオレは、ちっとも寒くないことを。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!