受賞

かくれんぼ

神隠し的な話です。

7 21

10分 (5,925文字)
感想ください

あらすじ

ある日の公園。子供たちがかくれんぼをして遊んでいると、一人いなくなってしまった。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

1人称視点の利点が活きてる描写が好きです

面白かったです! 「私は見回りの点検や確認作業をしているような気分になる。」といったような、何度もかくれんぼしているんだなあと感じさせる描写が好きでした。 ただ、一人称が「私」ではありましたが、セリフ

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る