何度目かの鐘がなる 〜燈台の竜と眠りの姫〜

燈台の鐘がなる時。それは、誰かが死んだ時。

14 175

ファンタジー 連載中
13分 (7,472文字)
宗教ファンタジー。ペコメ、レビュー歓迎です。

あらすじ

ルーディ=シャロフは、記憶を無くし、教会によって保護されてから、ブリューゲルの街で、燈台の鐘つきの仕事をしていた。 人が死んだときにだけなる鐘を鳴らす少年。次々思い出される記憶は、名前も知らない、大切

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

竜の盟約が気になります!

記憶を失った理由、シスターが他の人間に話すなという理由も本当なのか気になりますね! 謎が多くちりばめられており、ページがすらすらと進みました( ´ ` ) そして竜の盟約が今後どう言う風にストーリー

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/10/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る