1

13/13
555人が本棚に入れています
本棚に追加
/29
「有名なの?」と、聞き返す。 「……かっこいいですからね、あの人は。部内じゃイケシゲなんて、呼ばれてますし」 喋りながら西嶋君が作業を止めて、デスクに置かれたカップコーヒーを啜る。 「……イケシゲ?」 「イケメンの重成(・・・・・・・)。あだ名が付くほどの有名人ですし、あの人は」 「……イケシゲ…そうなんだ……」 ぼんやりと頷いて、そんな人がどうして私なんかに……と、ますますわけがわからなくなる。 「……そうですよ。もしかして、斉木さんもあのイケメンのことが、好きになっちゃったとか?」 上目に表情を探られて、 「……そうじゃないけど……」 ボソボソと口にすると、西嶋君は軽く笑って、 「まぁ、好きになるのはかまわないですが、あの人は、ライバルも多いですよ?」 話して、またキーボードに目を落とした。 「……そう」 釈然としないまま返して、そんなにもてるのなら、私になんてかまわなくてもいいのにと、 彼がもてることを妬くような思いがふと湧き上がってきて、そんなことを考えたって無意味なのにと感じた……。
/29

最初のコメントを投稿しよう!