1.大嫌いなお父さん

1/17
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/48

1.大嫌いなお父さん

私が気付くとそこは森の中だった。私を抱きしめる人の背後にたくさんの木々が茂っており、葉っぱの間から木漏れ日が見える。 周りはとても静かで、聞こえるのは風が木々を揺らす音だけだ。 そこに突然、バリバリという騒音と物凄い風が吹いたと思うと、沢山の人達の足音と声が聴こえて来た。 「あそこに二人居るぞ!」 「女の子はまだ息がある! でも腹部に怪我をしている!」 突然、知らない人が私を覗き込んだ。 「もう大丈夫だからね・・」 その人は私を持ち上げ様としている・・。 私は叫んでいた。 「ダメ! ・・離しちゃ嫌だ!」 私を抱き上げようとしたその男性は優しい眼差しを私に向けた。 「大丈夫、一緒連れて行くから安心して」 私は大きく頷いていた・・。 私はハッとして目を覚ました。そしてベッドから起き上がると先程見た夢を反芻していた。 また“いつも”の夢だ。でもそれは私の記憶に無い内容だった。何故、こんな夢を度々見るのか・・? 私は理解出来ないでいた。 でも、その夢で私を抱き締める大きな両腕をとても(いと)おしく感じている・・。 あれは、誰なんだろう・・?
/48

最初のコメントを投稿しよう!