episode258 Lavender

1/30
36人が本棚に入れています
本棚に追加
/30ページ

episode258 Lavender

「驚いた……今回ばかりは本当に驚いたよ」 毛布の隙間から顔を覗かせると 見知らぬ部屋に電話を手にした椎名涼介が立っていた。 「おっと、起きるなら――ゆっくりな」 「ん……」 「かけなおすよ。お姫様がお目覚めだ」 鈍い頭痛とめまいが残っているが 僕はまだ生きている。 「誰に電話を?」 「満だよ。覚えてるだろ僕の可愛い従弟」 「もちろん。うちの可愛い執事見習い」 「気分は?」 「毎日聞くね」 「笑い事じゃない」 それも覚醒したように ここ数日は自分が花を食らっていたことすら信じられない。 「いいよ。とてもいい」 「とてもいいだって?」 その感覚はとおの昔に捨て去られた玩具のように——。 既に記憶の深い所に眠ってしまって どんな形をしていたのかさえ思い出せなくなっていた。 「分かってるのか?自分に何が起こったか」
/30ページ

最初のコメントを投稿しよう!