ピンサロ嬢と僕と蜜月

僕はピンサロ嬢とハチミツのような甘い時を過ごした

10 6

41分 (24535文字)

あらすじ

どこにでもいるサラリーマンの僕は山手線のように永遠と巡回する列車を下りて、ピンサロ嬢と恋に落ち妄想と現実の狭間でハチミツのように甘い蜜月の時を過ごした。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る