プロローグ

1/1
50人が本棚に入れています
本棚に追加
/171

プロローグ

いつだって君は私に優しくしてくれたのに、私は君に何もしてあげられなかった。 それなのに君は私のことを、優しい人だと言うの。 ずるくて弱くて、たったひと言の本心さえ言うことが出来ない私に向かって、優しい人だと微笑むの。 ごめんね。 ……君が好きだと言えなくて。
/171

最初のコメントを投稿しよう!