命を、ありがとう。

超・妄想コンテスト『その日私は出会った』参加作品

4 28

2分 (921文字)
閲覧ありがとうございます

あらすじ

ボクたちはユウちゃんに出会わなければ、ただのゴミとして捨てられていたんだ……。 超・妄想コンテスト『その日私は出会った』参加作品

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

かわいい

ゴミだと大人は思っても、子供には立派な宝物。 それをこの目線で見るとは。 転がってて踏むと痛くて(←コレ。地味に痛いってやつw)このやろうって捨てたくなるけど、これからはちょっと考えるわ。

読ませて頂きました。

考えさせられる話だなと思いました。

その他情報

公開日 2019/10/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る