プロローグ・私の星

1/1
873人が本棚に入れています
本棚に追加
/59

プロローグ・私の星

 旅立つ時、私の元へ必ず帰ってくると約束してくれました。 「いってらっしゃい」と見送った時のことを覚えています。  それはいつもと同じ朝。  でも、一つだけいつもと違った朝。  いつもは振り返らないイスラが、あの時だけ振り返ったのです。  その時の面差しが私の脳に刻まれている。 「イスラ! イスラ、どこですか!?」  人間界の森に私の声が響く。  イスラに届くように、何度も何度も繰り返す。 「返事をしてください! イスラ! イスラ!!」  必死にイスラの姿を探す。  そして生い茂る草木を掻き分けた先。そこにあった光景に、一瞬、心臓が止まる。 「っ、イスラ!!!!」  地面を染める真っ赤な血。  血の海に横たわるイスラの姿。  切断された左腕からは夥しい量の血が噴き出して、イスラの全身を赤く染めている。 「イスラ! イスラっ!!」  叫ぶように名を呼んで駆け出しました。  赤く染まる体にしがみ付いて、その名を繰り返す。 「イスラ! しっかりしてくださいっ、イスラ!!」  お願いですっ。目を開けてください! お願いです!!  涙で滲む視界にイスラだけを映す。  お願いですっ。どうか目を開けてください……! 「…………ブレイ……ラ……」  不意に、微かな呼吸とともにイスラの掠れた声。  薄っすらと開いた瞳は光が失われつつあるけれど、聞こえたのは確かにイスラの声。 「イスラ!! イスラっ……!!」  血に塗れたイスラの頬に手を添えて、その顔を食い入るように見つめる。  目が合ったのも束の間、イスラの瞳が閉じられていく。 「イスラ! ああっ、イスラ!! お願い、目を開けてください!!」  イスラの血塗れの体を縋るように抱き締める。  どうか死なないでください! お願いですっ、お願いです!! 「誰かっ、誰か来てください! 早く来てください……!!」  叫ぶ声は悲鳴に近い。  冷たくなるイスラの体を抱き締めて、どうかどうかと祈りながら、何度も、何度も叫んだのです。
/59

最初のコメントを投稿しよう!