月の瞳を持つ、黒く、やわらかいもの

それは、ただの猫だったのかもしれない――。吹奏楽部の男子高校生が『黒猫』と出会うお話。

3 8

14分 (7978文字)
とどのつまり、猫賛歌という……。

あらすじ

その日、見たのは一匹の黒猫―― のような何か。 ちょっとホラーっぽいかもしれませんが、猫好きの方なら、頷いてもらえるんじゃないかと思います。 表紙は、うちの飼い猫のななこさんです。 関係ありませ

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/21

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る