Study001: sin「罪」

1/1
2549人が本棚に入れています
本棚に追加
/259ページ

Study001: sin「罪」

過去の失敗が、今降りかかる。 快感という形でこの身を責める。 身体の形を確かめるように手が這う。 胸の膨らみを柔らかく掴み上げ、先端の尖が口に含まれた。 舌先が絡みつき、声を上げそうになる。 声なんか出してやらない。 夢月(ゆづき)は口元に手を当てる。 片方の手がスカートを捲り上げるように太腿を滑り、ショーツの中へ。 ゆっくり感度を探られていくような優しい指先。 違う、焦らして反応を楽しんでいるんだ。 感じてなんかやらない。 優しいはずがない。 「もう濡れてますよ」 秘部の割れ目に指を滑り込ませ、耳元で囁く青年。 「感じてるの?先生」 真崎 有都(まさき あると)が耳朶を甘く噛む。 同時に肉芽を指先が滑り、夢月は息を飲んだ。 足の裏を電流が走るような刺激が走る。 夢月は口元を掴むように手で押さえ、それをやり過ごそうとした。 それを見た真崎が、愛液を塗りつけるように肉芽を擦り始める。 「…………っ」 「いいですけどね、我慢しても」 首筋に舌を這わせて真崎が言う。 「声を出すまでヤリ続けるだけだから」 舌がぞろぞろと下りていく、胸元へ。 「んっ……」 胸の尖を舌で転がされ、同時に肉芽を摘まれる。 息が苦しい。 思い切り声を上げたくなる。 こんなの受け入れたくない。 こんな目に合うのも、今日で3回目。 どうして、こんなことになったのか…… 2日前、副担任を務めていたクラスを2週間だけ担任として受け持つことになった。 担任の先生が急遽入院した為だ。 「夢月先生、運ぶの手伝いましょうか」 真崎 有都が教材の入った段ボールを持ち上げてくれた。 整った顔立ちに長身、昨年まではバスケ部で有能な選手だった為、他校にファンクラブがあると言われている。 気が利いて成績も良く文句の付け所がない優等生。 だと思っていた。 教材室の内鍵を真崎がかける、その時まで。 「これ、夢月先生ですよね?」 一枚の写真を目の前にかざされる。 写っているのは5年前の自分、露出の高い服に、派手な化粧、男に絡みつく姿……学費の為にバイトしたキャバ嬢の時のものだ。 「なんでこんなっ!」 奪い取ろうとするとヒョイと避けられる。 身長差が憎い。 「ここ進学校だし、教師陣もPTAも風紀にうるさいし、こんな過去がある女教師はクビですね」 真崎が形の良い唇の端に笑みを乗せた。 クビをチラつかせてどう言うつもり? 悔しいけど、この学校ならクビも有り得る。 PTAは特にうるさいし、多額の寄付をしている婦人会長なんかに知れたら、教員職絶たれそう。 調子に乗ってマンション買ったし、無職は不味い。 「どうします?コレ」 真崎がヒラヒラと写真をひらつかせる。 「どうって………いくら欲しいの?」 「うわ、速攻でお金の交渉ですか」 「じゃあ、どうすればいいのよ」 「夢月先生をください」 耳を疑う。 そんな綺麗な顔で何を言ってくれてるのか。 くださいって、お嫁にください的な? ない、ないないないない! 8才も年上の教師にそんなこと求めるわけがない。 生まれた時代が違うせいか、何を考えているのか察しもつかないなんて。 ジェネレーションギャップ半端ない! もはや意味不明だ。 「ごめんね、言ってる意味がいまいち」 首を傾げると、真崎がくすくすと笑った。 揶揄われているのだろうか。 「分かりやすく言いますね」 真崎が歩み寄ってきて、夢月は思わず後退る。 ガタリ、と後ろ足がぶつかった事務机が音を立てた。 追い詰められるように、距離が近づき、真崎が事務机に片手をつく。 「1日1回ヤラせて」 「………ヤラ?」 何を、と尋ねようとして夢月は言葉を飲み込んだ。 思い当たったことに頬が熱くなる。 「何をって聞かれなくて良かった」 夢月の反応を見て真崎が微笑んだ。 何が、どこが優等生? 脅してsexを要求って、何を考えてるの? このルックスなんだから相手なんて選びたい放題だろうに、何で私なワケ? 謎過ぎて、頭が追いつかない。 ギギッと体重をかけた事務机が鳴り、夢月は真崎が身体を寄せたことに気づいた。 顔の距離が近づき、夢月は反射的に目をつぶり顔を逸らす。 首筋に柔らかい感触が触れ、ぬるりと生温かいものが這った。 背筋でざわざわとした何かを感じた。 不快、ではない。 肌にかかる真崎の吐息が甘く染み込むようにくすぐったい。 脇腹に真崎の指先が触れ、夢月は慌てて真崎の身体を押し退けた。 「ストップ!待って、ちょっと、待って!!」 叫びながら真崎の顔を見上げると、仕方ないなと言うかのように溜息をついた。 「あのね、真崎くん、年上の女に何を求めてるかわからないけど、その……ご期待に添えないと思うの」 「充分に添えそうだけど」 真崎がそう言うと夢月の胸に手を置く。 「思っていたよりデカいし」 軽く揉まれて夢月は慌てて、机の上へと逃げていた。 「そ、そういうことじゃなくて!慣れてないの……そう言うことにっ」 「慣れればいいだけ。そのうち慣れるし」 「だから、その」 夢月は茹で上がるほど顔を赤く染め、真崎から目を逸らす。 「経験ないの………処女なの」 今時、26にもなり処女だなんて公言できたもんじゃない。 真崎は遊びたくて言っているのだろうけど、それに付き合えるようなノウハウが人並みにはないのだ。 「へぇー……………意外」 「面目無い……」 「キャバ嬢やってたのに?」 「体売ってたワケじゃないもん」 「26、だよね?」 「確かにっ……」 「彼氏は?」 「いたことないです」 「マジで?」 「だから、添えてないのっ」 信じられないと言うように横顔をガン見され、夢月は吐き捨てる。 「そんなことない」 グイッと、肩を押され夢月は机の上に押し倒されていた。 押し退けるように真崎の胸についていた手を掴まれる。 「期待以上」 見下ろす真崎の口元が緩やかに弧を描いた。 その時にきちんと断れば良かった。 何故か、思ってしまった。 処女であること、経験がないこと、それも全部丸ごと認めてくれたような。 受け入れて貰えたような、そんな気がしてしまい、気が緩んだ。 バカなことをした。
/259ページ

最初のコメントを投稿しよう!