ケダモノたちの祭典

19/30
401人が本棚に入れています
本棚に追加
/31ページ
「──兎に角、おまえと綺羅は女同士だ。こんな関係を続けていても綺羅もおまえも幸せにはならない」 「……」 「朱音、おまえはちゃんと男を見つけろ。なんだったら俺が紹介して──」 「……さぃ」 「え」 「煩い!紫音なんて……男だってだけで綺羅を自分の物にして!ズルい!ズルいよぉぉぉー!!」 突然朱音は叫びながら私に襲い掛かって来た。 「あ、朱音?!」 朱音はいきなり私の半勃ちになっているペニスにしゃぶりついて来た。 「あっ!」 「んっ…ん……ねぇ綺羅、わたしの方が綺羅を……ん、気持ちよくさせてあげてるでしょ?」 「あっ、あっあっ」 朱音の柔らかな舌と口内が私のペニスを貪る。 其のあまりの気持ちよさに思わず喘ぎ声を出してしまう。 「っ、朱音!おまえ、何やってんだよ!」 「綺羅に…綺羅に決めてもらうのよ……んっ、ん…紫音とわたし、どっちと付き合いたいのかって」 「なっ」 「ね、いいでしょ?綺羅……んっんっ…ホラ…いいでしょ?女のわたしの方がいいでしょ?」 「あぅ……あっあ、あぁぁ」 私は朱音の言葉も紫音の表情もよく訊くことも見ることも出来ないまま、ただベッドの上で朱音から受ける刺激に耐えていた。 しかしすぐに 「馬鹿!綺羅は俺の女だ!おまえが好き勝手よがらせてんじゃねぇよ!!」 「!」 間近に聞こえた紫音の語気を荒げた言葉と同時に、私の濡れている其処に紫音のモノがズクッと一気に奥まで突っ込まれた。 「ひぃ、やあぁぁぁぁぁー!!」 今までに感じたことのない熱い衝撃に私は叫んでしまった。
/31ページ

最初のコメントを投稿しよう!