指導

1/1
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ

指導

その日、新しい職場で私は出会った。 丁寧に教えてくれる指導担当の男性社員。 かっこいい。 素敵な人に出会えたと思ったのに 左手の薬指には指輪がしてあった。 いいなと思う人は既に結婚してる世の中。 「それじゃあ、始めようか」 「は、はい」 至近距離で仕事を説明してくれる。近すぎて耳に息がかかる。緊張しちゃう。 「う〜ん、い〜ね〜。濡れてるね〜。よく濡れてるよ〜。すごくはやく濡れるんだね〜」 「は、はい」 「こんなに綺麗に濡れるなんてすごいね〜。でもまだ始めたばかりだからゆっくり練習していこうね〜。はみ出さないように綺麗に濡れるようにね〜」 「は、はい」 だ、だめだ。どうしても「濡れる」って聞こえる。 セクハラ?  私、セクハラされてないよね? 「おお〜。うまいね〜。よくれてるね〜。」 「あ、はい。ありがとうございます。」 これはセクハラじゃない、セクハラじゃない、と自分に言い聞かせる。 セクハラ上司じゃないよね。 早く慣れなくちゃ。 私は新しい職場でゆるキャラ人形の制作をしている。 色塗り担当だ。 はやくれるようにがんばる! 完
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!