宇狼

2/7
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
「……宇狼が、勝ったら?」 「今までの前科を帳消しにするんだと」  山茶花ははっと息を飲んだ。  ——稼いだ大金と、その瞳さえも賭けて、宇狼は人生を変えようとしている。  逃げ続けることを、終わりにしようとしたんだ。  それは“27”ではなく、本当の『数国』でしかできない賭けだ。  胸の奥が、じわりと熱くなる。 「やめさせましょう。今ならまだ——」 「柊さん、待って」  中央の卓に押し入ろうとした柊の腕を、山茶花はそっと制した。 「もうゲームは始まっています。それに、これは宇狼が自分で決めたことです」  数十秒、山茶花と目を合わせて、柊はふ、と哀しそうに微笑んだ。 「そう、ですね——」  卓に座った宇狼の後ろ姿に目線をやって、柊は重くため息をつく。 「見守ります、最後まで」  山茶花と柊は宇狼の手札がはっきりと見える位置に移動した。  宇狼の手札は7、7、8、5、5、4、3、2、1。  ——かなり弱い。しかし山札からの交換はまだ2回出来る。望みがないわけではない。  山茶花はそっと両手を握りしめた。  どうか、いい札が来ますように。 「では、めくれ」  立会人の号令で、役人と宇狼が、山札から一枚ずつめくった。  役人は2、宇狼は8。  2も8も、置く段によってかなり強い札だ。
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!