月を枕に走る刃

 旧きと新しきが共存している町松元を中心に女子高生剣士が送るファンタジックな宝箱

屋久堂義尊

14時間37分 (525,714文字)
ノロノロ更新で頑張ります。

6 335

あらすじ

 時代は近未来。と或る地方都市、松元の高校。伝統と近代化の狭間に有るその学校で、柊秀流剣士の見習いをしている鸞羽は師で有る浦野から何とか免許皆伝を得ようとしていた。既に一人前の剣士となった幼馴染の文音

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません