エピローグ

1/1
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

エピローグ

「ゆーちゃん! 一緒にかえろ!」 「……千鶴子」  高校の入学式を終えると、千鶴子が昔みたいに走ってきた。  三年ぶりに会ったあの日とは比べ物にならない笑顔で、私の元へダイブしてくる。 「うわっ、と、千鶴子、走ったら危ないよ」 「だって、みた? クラス、一緒だった!」 「うん、みた。一緒だったね」 「よかったあ。せっかく戻ってきてくれたのに、一緒じゃなかったらいやになっちゃう!」  私は無事に高校生活を迎えることができた。  千鶴子はあの後病院のベッドで目を覚まして、なんてことはなく起き上がった。  もう彼女の背中に黒いもやはなく、そもそも彼女は『一連の事件』を覚えていなかった。 (まあ、それはそれで幸せなのかもしれないけど)  私はハッキリと覚えている。  千鶴子の赤い目も、あの日迫ってきた電車も、伊野くんの笑顔も、伊野くんの苦しげな顔も、こっくりさんの顔も。  これから先、きっと忘れることはできないだろう。  ここから逃れるすべもないのだ。当然だ。 「アパート暮らしは慣れた?」 「ん、まあ。それなりには」  胸元で花かざりが揺れていた。  花かざりは嫌いだ。  これをつけて帰ると、必ず、よくないことが起こるし、嫌な思い出の傍らにはいつもこれがいる。  だから今回は最初から外した。  今は、ポケットの中だ。 「わたし、遊びにいくからね。ちゃんと家、教えてね!」  分かれ道で千鶴子と別れると、ほどなくしてアパートが見えてきた。  こっくりさんに荒れに荒らされたものだが、今ではきちんと片付けられている。  かん、かん、かん、と階段をあがって、二階へ。  奥の扉へ向かい、ドアノブを回す。  薄暗い、いつもの殺風景な景色が開かれる。  入居時と比べて、だいぶ物が減った。  壊れたものを捨てたからというのもあるが、それ以前に、ここにものを置かないということも原因にあるだろう。  中に入ってすぐ、内側からドアノブに鍵をいれて回す。  がちゃり。  そんな音がしたのを確認してから、私は入ってきたばかりのそのドアを、もう一度開いた。 「おや、お帰り」 「……ただいま戻りました」  そこにあったのは、アパートの前から見えるのどかな住宅街ではなく。  あの日と同様、フローリングが反射して光る、鬼の社だった。  奥から、あくまさんがするすると滑るように歩いてくる。 「なんだ。オセは一緒じゃないのか」  彼女は私を一瞥すると、そんなことを呟いた。 「呼べば来ますけど、呼びますか?」 「いいや。とくに用はない。……いいなあ。私のときは、四六時中べったりと憑かれたものだったが」 「?」 「ああ、気にしないでくれ」  そもそも事情が違うしなあ、とあくまさんは何か呟きながら奥へと消えてしまった。  私もつられてそちらへ向かう。  途中の台所で、黒髪の整った顔立ちの男と擦れ違った。 「バアルさん」 「ああ、お帰り」  あの日みかけた彼は、名をバアルというそうだ。  あくまさんと一生を誓い合った仲だとか、あくまさんに一生憑くのだとか、よく私には理解できない関係である。  そのうちわかるようになるのかもしれない。  彼は台所の戸棚をごそごそと漁っていた。悪魔も飲み食いをするものらしい。  ただ、オセはさほど重要視していないようだが。 「なあ、この前の紅茶はどこにしまったんだ?」  バアルが、あくまさんの方に向かって呟いた。  どうやら紅茶の缶を探しているらしい。 「オルカさんから貰ったやつ? そこになかった?」 「ない。飲んでしまったか?」 「いや、全部は飲んでない」  あくまさんがしびれをきらして歩いてきた。  手にはカップを持っている。 「私は今の今までココアを飲んでたからな。今日はそれに触れてない」 「ふうむ。……さしずめ、紅茶紛失事件、といったところか……」 「そんな事件あってたまるか。同僚でも魔法でも使って、探し出せ!」  ……賑やかな喧騒から少し離れて、私は、この社内で、私に割り当てられた部屋に入った。  あの夜、私はあくまさんからとある申し出を受けた。  今後、悪魔と契約したものとしてレクチャーや、手ほどきを受けるかわりに、彼女の仕事を手伝うというものだった。  住み込みで、三食きっちりついている。  給料的にも危険は伴うものの、まあ、悪くない。  そもそも悪魔と契約した者として、二度とこの事実が消せないのだから、こういう方向に進んでいくほうがいいのかもしれないと思った。 「……ふう」  ぼふっ。  貰ったベッドに体を投げる。  不意に、ずるりと、影からオセが這い出てきた。 「名前が出ていたように思えたが」 「え、こっちの会話聞こえてるんです……?」 「それなりには。ただよくは聞こえないものでな。事件、という単語が聞こえたような」 「ああ、それは大丈夫です。痴話げんかみたいなものの延長なので」 「? そうか」  オセは、スーツの襟をただすと、私の椅子に腰掛けた。  手には読みかけらしき本がある。 「きいたところによると、『高校』というものはテストというものが定期的にあり、ソレが悪いと留年したりするそうだな」 「まあ、そんなところですけど」 「仮にも俺と契約しているものが、そのような失態は絶対に許さない。これから定期的に貴様へ教養学の教授を行う」 「……はい?」 「この世でどのように生きるか、で魂の質は変わっていき、死ぬ間際にその価値は決まる。どうせ得るのならば、宝石のような輝きを持つ魂がよいに決まっているだろう」  私は固まった。  今、私の耳に聞こえた単語を要約していくと、オセがこれから私に勉強を教える、といっているように聞こえた。  それも、私のためというよりは、最終的には自分のために。  魂がどうのこうの言っていたが、もうそれは理解の範疇を超えている。 「お前は原石だ。磨けば輝く宝石だ。俺は、それを磨く術を知っている」  豹頭が近い。  どことなくかっこいいのがずるい。  そうではないと知っているけれど、まるで──そうだ、まるで、口説かれているみたいだ。 「であれば磨かない選択肢はない。覚悟しろ、お前は俺の宝石だ」  いい逃げるように、オセはまた影に沈んでいった。  私は膝を抱えた。  顔を膝にうずめて、必死に頬を冷やす。 「……他意はないんだろうけど……、照れる……」  ほどなくしてあくまさんの声がした。  夕飯は外に食べにいくそうだ。  私が慌てて出て行くと、珍しく影から再びオセも出てきた。  これから始まっていく高校生活は、私の最初に望んだものではないけれど。  千鶴子が生きていて、伊野くん、は引っ越してしまったけど生きていて、こっくりさんもどこかで生きている。  たったそれだけの要因だったけれど、私は満たされていた。 「……あれ。待ってください。オセ、そのままで行くんですか?」 「? ああ。他者に俺の顔は人間のように見えている。問題ない」 「ええ……便利……」  すたすた歩くオセの背中をしばし呆然と見つめたあと、私は慌てて彼らを追いかけた。  そうしてそのすぐあとを、聞き覚えのある声も追いかけてきた。 「ちょっとー! 誘っておいて、おいていくとか、そういうのひどいじゃないー!」  こっくりさんである!  嘘、と目を見開いたのもつかの間、彼女はニタリと怪しげに微笑んだ。 「大丈夫よ、別に、もう恨んだりしていないわ。盗って食ったりしないから、安心なさいな」  ぽんぽんと尻尾が私の頭を撫でた。   それから、しゅるりと尻尾は私に巻きついて、そのまま宙へとあげられてしまった。 「えっ、えっ」  私、あせる。 「ほうら、貴方たちのだぁーいじなルーキーちゃん! 貰っちゃうわよー!」  そんなふうに声を上げながら、こっくりさんは私ごと前を歩くあくまさんたちを追いかけた。  それをみたオセがこっくりさんに蹴りをかまし、私を救出したのはおおよそ数秒間のことだった。  賑やかな声に囲まれて、私は、──久方ぶりに、頬を緩めた。  
/5

最初のコメントを投稿しよう!