最後の怖い話:七物語

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/56

最後の怖い話:七物語

 七物語って知ってるか?  知らないよな、百物語と比べたら一般的とは言えない。  七物語っていう降霊術があるんだ。幽霊を降ろす術、で降霊術。  文字通り、怖い話を七話話すんだ。七人の人間が集まって、一人一話、自分の知ってる話を話す。  百物語の場合、百話目を話し終わったときに霊が姿を現すとか、話している最中に奇妙なことが起こるとか言われてるんだが、七物語の場合はそうじゃない。  七話聞いてる間も、全部聞き終わっても、それだけじゃ何も起こらない。  ちょっとした"ネタ"があるんだ。  七話全部聞いた人間がこれを知ってしまうと、そいつに災いが降りかかるとされている。  "ネタ"だけ知ってても特に問題ない。  だが七つの物語を全部聞いた人間は、決してこの"ネタ"を知ってはいけないんだ。  ――お前に"ネタ"を教えてやるよ、シン。  だからな、これを聞いちまったら、もし誰かが「七物語をやろう」って言っても乗っちゃダメだぞ。  いいか?  よし、じゃあ耳を貸せ――  今の話自体が"ネタ"なんだ。  七話全部聞いた人間がそれを知ったら災いが起きる――このこと自体を知っちゃいけない。  ああ、ややこしいよな。自己参照的だ。  まあきっと……コジなら分かると思うぞ。  あいつにも今の話を教えてやって、解釈を聞いてみろ。  ――ついでに、俺が例の記録をちゃんと付けろって言ってたって伝えてくれ。
/56

最初のコメントを投稿しよう!