加美月村の夜にそうっとそっと

加美月村の特別な夜には、彼・彼女らがやってくる。

6 70

6分 (3,541文字)

あらすじ

加美月村の年に一度のお祭、十月末日に開かれるカミオクリ祭には、どこからともなく大勢の者たちが現れ、大きなつくりものが置かれるが、はたしてその正体は。 表紙絵はibisPaint X で作成 この物

タグ

感想・レビュー 1

不思議な物語でした

考察の物語でしたが、興味深いですよね♪ お祭りはもともと宗教的な意味合いのものが多いのに、現代はただ騒ぐことが第一で本来の意味が薄れている気もします。 人がそうなるならカミサマもそうなるでしょう

その他情報

公開日 2019/10/28

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る