#4 曖昧な関係と日々

1/17
8627人が本棚に入れています
本棚に追加
/117ページ

#4 曖昧な関係と日々

「──隣、空き部屋だから、もっと声出してもいいけど?」 「う、るさいっ……」 「なんでおまえはこんなときでも意地張るんだよ」 航希(こうき)はふっと笑うと、わたしの腰をぐっと掴んで奥まで激しく打ち付けてきた。思わず漏れそうになる甘い声を、枕に顔を埋めながら必死に我慢する。 「……っ、やあ……ああんっ……」 「おまえ、後ろからされるの好きなんだ。犯されてるみたいで興奮する?」 ──そんな性癖ないわよ、このバカ。快感の渦に呑まれそうになる意識を何とか繋ぎ止めながら、わたしは心の中で悪態をついた。 * 「ホテルはコスパ悪いから、今日はうち来いよ」 10月に入ってすぐの金曜日のことだった。不本意ながらもああいう関係になって、早くも1ヶ月が経つ。最近ではお互い下の名前で呼ぶことにもすっかり慣れてしまって、わたしたちは本当に「飲み友達兼セフレ」になりつつあった。 「まあ……確かに、コスパ悪いけど」 「だろ?うち、豊平(とよひら)だから近いし、なんか必要なもんあれば買って置いとけば?」 ──彼女でもないのに、なんだかなぁ。そう思いながらも、毎回ホテル代を出してもらっている身としては、その提案に乗らない理由がない。 「物なんか置いていいの?他のセフレが怒るんじゃない?」 「ああ、家に()れないようにしてるから大丈夫」 航希はさらっと言って、残りわずかのビールをくっと飲み干した。ちなみに今日はいつもの居酒屋ではなく──会社近くのあの店ばかり使っていると、いつか誰かに見られそうで怖い──、すすきの(・・・・)にあるチェーン店だ。 「あっ、そう」 「未央(みお)はプライバシーとか侵害してこなさそうだから、入れてもいいかなって」 「……どんな女と付き合ってんのよ」 思わずジト目で奴を見ると、「いや、みんな可愛いんだけどな?金とか物とか取られたら、嫌じゃん」とニヤニヤ笑っている。 ──いや、本当にどんな女と関係持ってんのよ。ほんと、ろくでもないんだから。  
/117ページ

最初のコメントを投稿しよう!