涼、出逢う

1/1
82人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

涼、出逢う

ゴンッ。 「あたっ…」  突然、目の前が真っ暗になった。  星が飛んだような気もしたけど… 「おっ…大丈…………あかん。白目むいとる…」  最後に聞こえたのは、関西弁……?  * * * 「………」  目を開けると、そこは保健室だった。  窓の外からは、歓声と悲鳴。  今日は日野原(ひのはら)学園に入学して、初めてのイベント『球技大会』なんだけど。  あたしはチームプレーが得意じゃないから、抜け出そうとして………あー、何かに…ぶつかった…?  寝転んだまま少し頭上に目をやると、五月の陽射し。  何だ。  まだお昼ぐらいか。 「――………」  左方向に寝返りをうとうとして、目が釘付けになった。  男の人が、先生の椅子に座ってギターを磨いてる。 「あ、気ぃついたか。」  …関西弁…? 「……はあ。」  目を合わせたまま、ゆっくり体を起こして。 「…何してるんですか?」  問いかける。 「ああ、弦張り替えてたんや。」  …すごい笑顔。 「よし、終わり…と。さて、悪かったな。」  その人はギターをポンと叩くと、あたしに向き直って頭を下げた。 「え?」 「俺が体育館のドア開けてん。」 「は?」  あたしが「?」って顔してると、その人はあたしに近付いて。 「ここ、傷付けてもうた。」  って、あたしの額に触れた。  …ああ、そっか。  あたし、体育館の裏を走ってて、突然開いたドアに激突したんだ。  ベッドを下りて、鏡で額を見てみると…大きなバンソーコー。  それをゆっくり剥がすと、少しの擦り傷と小さなたんこぶ。 「先輩、なんて名前?」  鏡を見たまま問いかける。 「よう先輩やって分かったなあ。」 「こんな日に制服で保健室でギターの弦張り替えるような勇気、一年生にはないと思うの。」 「なるほど。俺は、浅井(あさい) (しん)。」 「浅井先輩ね。関西の人?」 「ああ。去年引っ越してきた。」  先輩の視線は、ギター。 「ね、先輩。」  あたしが先輩に近付いて顔をのぞきこむと。 「あ。」  先輩が、あたしの前髪をかきあげた。 「えっ?」  ドキッ。  その真剣な視線に…胸が鳴った。 「傷、結構目立つやん。」  …そうなの?  ……そうかも。 「…そうでしょ?先輩、責任取って。」  あたし、とんでもない事口にしてた。 「は?」  先輩は呆れた顔。 「先輩、彼女いる?」 「いや、今は。」 「じゃ、責任取ってあたしの彼氏になって。」 「……」 「だって、もしかしたら今から彼氏ができるかもしれないのに、この傷のせいでできないかもしれない。」  かなり強引なあたしの言い分。  正直言って、あたしは恋に落ちた。  この先輩に、一目惚れ。 「本当の彼氏ができるまででいいの。責任取って、あたしに楽しい学園ライフを提供してくれなきゃ。」 「おいおい、おかしゅうないか?たかだか…」 「たかだか?人を傷物にしといて?」 「うっ…」  半ば脅迫。  でも引かない。  だって、あたしには…今しかないんだもん。 「変な女。」  そんなあたしを先輩はじっと見て。 「じゃ、フルネームを伺いましょ。早乙女さん。」  あたしの体操服のネームを指差した。 「(りょう)早乙女(さおとめ) (りょう)。」 「早乙女 涼…な。」  そう。  早乙女 涼、15歳。  これからバラ色の学園生活が待っている。  かもしれない。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!