黎明の空の下で。

叶えばいいのに。あたしの夢も、兄の夢も。

9 40

8分 (4,730文字)

あらすじ

父は、我が子に興味なんかない人だった。 お母さんは、あたしを生んですぐ亡くなってしまった。 だけどあたしは寂しくなかった。 兄が、愛してくれたから。 2019.11.22 完結

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

旅立ちの日、はじまりの日

少し早い少女の旅立ち。 それを見送る兄と、妹のやり取りは日常を垣間見させる、柔らかなやりとり。 言葉を紡ぐ。 少しのからかいの後の微笑み、溜息。 取り巻く空気が暖かさを運んでくるから、読んでいて少

その他情報

公開日 2019/11/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る