「待ってるから」

5/6
57人が本棚に入れています
本棚に追加
/15ページ
思い切り叫ぶと、喉がヒリヒリ痛んだ。 「言いたいこと、それだけ?」 私が黙ると、松ちゃんの意外にも落ち着いた声が降りてきた。 なぜか肩で息をしていた私は、何か言いたいのに言葉が出てこず、返事できなかった。 俯いたままの私を、再び松ちゃんの両腕が包んだ。 「桜の病気が治るまで待ってるから」 低く優しい声。 年下のくせに。懐いたワンコみたいなくせに。松ちゃんのくせに。 子供を宥めるような穏やかな言い方がずるい。 そのせいで石みたいだった心がまるでアイスクリームみたいに溶けて。 真ん中にあった不安が露わになる。 「……治らない、かも」 「治る」 松ちゃんの強い声が、私の弱々しい言葉を即座に打ち消した。 「俺がそばにいるんだから」 「そんなの、全然医学的根拠がない」 「そんなことねーよ。笑ってると免疫力上がるんだって」 「アメリカ……」 「だから、桜が元気になってから行くって」 言い出したら、聞かないんだから。 今度こそ熱を帯びた涙が、我慢してたぶんまで溢れた。 松ちゃんがそばにいる。 それだけで、勇気が100倍になった。
/15ページ

最初のコメントを投稿しよう!