52ヘルツの鯨の歌

世界で最も孤独な歌

中邑 水熙

恋愛 完結
2分 (1,103文字)
短編小説コンテスト参加作品です。イラスト大好き人間なので激エモなイラストに釣られて書きました。

1 33

あらすじ

ヒミツ橋で幽霊の歌が聞こえる。そんな噂話を耳にし、久しく行っていなかった件の場所へ向かうと、どこか懐かしい歌が聞こえた。誰が歌っているのかと思い振り向くと、そこには死んだ彼女がいた。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る