ずっとキミを探していた

1/1
76人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
 夢を見た。  それは、とても幸せな夢。  夢の中の自分は無邪気に笑い、誰かを追いかけていた。  楽しくて、嬉しくて、仕方がなかった。  しかし、次の瞬間に辺りは暗闇に覆われる。苦しくて息ができない。このまま死んでしまうのではないかと思った。 「……!!」  誰かの叫ぶ声。その声を聞くやいなや、息はできるようになった。しかし、目の前が突如、真っ赤に染まる。 「……!!」  名前を叫んだ。叫んでいるのは自分なのに、その名前がわからない。  誰? キミは一体誰なんだ?  懐かしくて、温かい。なのに、悲しくて、冷たい。  僕は何度も夢を見ている。思い出せない、キミの夢。そして、ずっとずっと探している。  手を伸ばしても届かないキミを──。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!