<第二話・劣>

1/4
66人が本棚に入れています
本棚に追加
/133ページ

<第二話・劣>

 いつの時代も、怪しげな風習やら異世界に行く方法やら七不思議やら、なんてものはザラにあるものだ。一時と比べてかなり流行は落ち着いてしまったようだが、それでもオカルトの掲示板はまだ健在だし専用のサイトもある。大半はただの噂や作り話だろうが、中には本物が混じっていることもあるのかもしれない。美園は適当なキーワードを叩きつつ、目ぼしいものを浚っていくことにする。  オカルトに興味を持ったきっかけは、幼い頃のこと。祖父母の実家近くで“神隠し”事件が発生したことであっただろうか。古い農村であるゆえ、稀に面白半分な噂を聞き付けては観光目当ててやってくる客がいたり、はたまた記者がいたりなんてこともあったらしく。いなくなったのも、そんな取材に来た記者の一人であったそうなのだ。 『ああ……そうね、結構な美人さんだったんだけどねぇ。ハキハキ喋るし、仕事熱心だったみたいだし。ウチの村に怪しげな風習があるらしい、なんて噂を聞き付けて来たみたいだから、ウチらとしてはあんまり楽しいものじゃなかったんだけどねぇ』  いなくなったという記者の女性を探すのに協力しつつも、おっとりとした祖母は困ったように笑って見せた。  取材といっても、カメラマンやら音響やらを引き連れた派手なものではなく、それこそ聞き取り調査の段階であったとのことらしい。まあ、辺境のオカルト雑誌だったというから、案外地味なものであるのも無理ないことなのかもしれない。  彼女はあちこちの家に、なんらかの眉唾な噂について聞き込みをして回っていたらしいのだが――それがある晩、森に行ったきり帰って来なかったというのだ。祖父母のいる村は山の麓に位置しており、山に向かって深い深い森が広がっている。道もろくに整備されていないし危ないということで、村人は特定の場所以外は滅多に足を踏み入れることなどないのだが――好奇心旺盛な彼女は残念ながら、忠告に耳を貸してはくれなかったらしい。  携帯電話も圏外になってしまうような場所。目印らしい目印もない。迷ったら、戻ってくることは極めて困難であった。 『山の神様に連れて行かれてしまったのかもしれんねえ……神様の噂に凄く興味を持っていたみたいだし、魅いられてしまったのかも。いいかい美園、好奇心で人間は進化してきたけど、同じだけ好奇心ってヤツは人を破滅させる毒にもなるんだ。危ないものや不思議なものに、過剰に興味を示したりするんじゃないよ。なんといっても神様ってのは、そういう人間ほど向こうも気に入って、浚いたくなるものらしいからねぇ……』  少々古い考えが蔓延っているような村だった。若者が少ないというのもあったかもしれないが。やや閉鎖的で、都会に出て時折里帰りする美園の一家でさえ、時折息苦しさを感じたものである。  ただ、その当時、変身ヒロインや異世界で愛されるお姫様のアニメに憧れていた美園は――その“神様”の話に少しだけ興味を持ってしまったのだった。  ゆえに尋ねた。神様に魅了されるということは、神様に愛されるということなのかと。  そして、神様に愛された人間はどうなってしまうのかと。
/133ページ

最初のコメントを投稿しよう!